ACIMタッチアンドゴー

奇跡のコースに復帰してのあれこれ

電車に閉じ込められた件

1/31。
またもや長時間閉じ込められてパニック発作をおこす状況に陥ってしまいました。帰宅時に電車に乗った直後に同じ路線で人身事故が発生し、ギュウ詰めのまま全線ストップしてしまったのです。


始発で座席に座れていたのが不幸中の幸いだったけど、車内は非常に混雑していて圧迫感があり、暖房ガンガン+満員で蒸して息苦しく、雨だったので窓を開けることも出来ないという、パニック持ちには最悪な状況でした。


人身事故の車内アナウンスがあってから、数分のうちに気が狂いそうな恐怖感に発展すると分かってたので、速やかにマフラーやダウンジャケットを全部脱いで、暑さからくる息苦しさに先手。立ち乗りじゃなくて本当に良かった。


後はひたすら、胸に手当てしつつ「私は恐怖を選択しているけど、違う決断をする事も出来るし、たとえ恐怖を手放せなくても、私に対する聖霊の愛は変わらないから大丈夫」とイメトレ。これで苦痛レベルはだいぶ下がるんだけど「運転再開は1時間後の見込みです」とかアナウンスされるともうダメ。1分でも気が遠くなる思いなのに、1時間なんて耐えられない。。。(聖霊イメトレなんか吹っ飛んじゃう)


ただ、当然のことながら恐怖で死にそうになってるのは私だけで、他の乗客はギュウ詰めで閉じ込められてても全然平気です。涼しい顔でスマホを見たり歓談したりしてます。ああー、本当は何の危険もないのは明らかなのに、どうして私だけこうなっちゃうんだろう。


助けを求めたこと
30分ほど耐えたけど限界を迎え、すごく迷いましたが、SNSでニコちゃんに助けを求めました。「いま電車に閉じ込められてるの。ちょっと助けて欲しい」


ニコちゃんは前回、映画館で発作デビューした時に側にいたので、私がパニック抱えてることをよく知ってます。その時、私に寄り添ってくれただけでなく、他にも同じ症状で苦しんでいる人が大勢いるという事や、いつか克服できるという事を教えてくれて、とても勇気づけられた経緯がありました。


しばらく経って、ニコちゃんから「大丈夫?」と返事が来たのとほぼ同時に、なんと電車が動き出しました!やった!運転再開ではないけど、最寄駅まで運行して、やっとドアが開いた!車内に清々しい冷気が入って換気されたお陰で、なんとか落ち着きを取り戻すことができました。ああ、助かった。。。


その日の晩、ヨレヨレで帰宅した頃に、ニコちゃんがある曲を送ってくれました。その歌詞を聴いてみると「きみが心に封印している闇を開きたい、いつでも頼って欲しい」という内容でした。トベ号泣。


この人どうしてこんなに私を助けてくれるんだろう。どうして私の心に闇があることを知ってるんだろう。そして、そんなに洞察力があるのに、なんで家族と上手くいってないんだろう。


*****
これまでの数年間、パニック発作の自覚はあったものの割と短時間だったので自分1人でしのぐ事が出来ましたが、先月の映画館といい、今回の人身事故といい、ニコちゃんと会ってから1時間超えの非常事態が2回も発生しています。これが何を意味するのか分からないけど、ちょうど助けてくれる人が現れたことに感謝しつつ、比較的長時間の発作にも逃げずに向き合ってみようと思っています。