ACIMタッチアンドゴー

奇跡のコースに復帰してのあれこれ

不思議な繋がりのランチ会

5/5。

GW終盤のこの日、ちょっと不思議な出逢いがありました。
話は先月のゲイリー来日WSに遡ります。いろいろ偶然が重なって、それまで全く面識のなかった学習者さん達と個人的にご縁を感じたので、連絡先を交換させて貰ったりしまして、(中略w) 気がついたら、みんな初めましてのACIMランチミーティングが実現することになりました。いやーどんな展開になるか全然想像つかないな〜ドキドキ(゚∀゚)

 

。。。などと無邪気に思いながらお会いしてみたら。

最初から話題なんでもアリで歓談してたわけですが、そのうちに、互いに知られざる共通点が続々と。。。ぇええええーーー!ウソー!あり得な〜い!の連続になりました。生い立ちもバックグラウンドも全く異なるのに、こんなにアレコレ重なるってどういうことだ!こうなってみると、ちょっとさすがに偶然会ったという感じはしなくなってきたかも。。。(゚Д゚)

 

そして、ひとつACIMに関することで言えば、全員がワプニック博士の原著を教材とすることについて積極的な気持ちでいることも分かりました。とはいえ博士教材は未邦訳のものを含めたら一生かかっても読み終わらないほど膨大な量があります。その中のひとつを少しずつ読んでいけたらいいねという話になり、トベ予想外の展開にぶったまげ。(((゚゚Д゚゚)))

 

思えば「もしそういうFACIM読書会みたいのが近所にあれば、ぜひ参加したいものだなぁ」と夢みてはいたけれど、ここは日本だし妄想は程々にしとこう。。。と思ってました。それが、まさか思いもよらぬ形でこんな流れになるとは。。。

 

まだどうなるか分からないんですけど、お互いに無理のない形を模索しつつ、こういう繋がりを細く長く継続していけたらいいなと思う今日このごろです。また何か動きがあれば、できる範囲で記録してみたいと思います。