ACIMタッチアンドゴー

奇跡のコースに復帰してのあれこれ

Tao House勉強会 4月

4/24。

先に触れたエースのお兄さんの件ですが、4月のTao House勉強会にて思いがけない進展が。

自分自身が辞める直前という事もあり、私の業務が上乗せされる事がほぼ確定しているお兄さんについて、気の毒に思う気持ち(罪悪感)がMAX状態だったので、初めて会社のことについてシェアしました。

 

すると!!この日たまたまTao House勉強会に参加していたミズホさんが「エースのお兄さんがどのように世界を見ているか」を熟知する人だったことが判明。ええー!このタイミングでそんな繋がりが!しかも私が教わったのは、ミズホさんだからこそ体験的に知り得るような内容だったので、どんな専門書にも勝る説得力がありました。まさに目からウロコとはこの事か。。。そのおかげで、今までエースのお兄さんの謎だった行動のひとつひとつが、8年目にして初めてすべて納得がいったかも。。。

 

私は今までずっと「あんなひどい扱われ方をされたら誰だって不幸に違いないから、エースのお兄さんは絶対に不幸だ」という解釈で彼を見ていました。でもミズホさんの説明によると、実際にはお兄さんには独特の世界観があり、ぜんぜん自分のことを不幸だとは思ってないし、ましてクロトワ課長が嫌いだとか憎いとか、これっぽちも思っていないというのです。お兄さんにしてみれば、誰からどんな圧力を受けてもそれを感情的に解釈する事はなくて、むしろ頼まれた仕事を黙々とこなしている方が安心できるらしい。(思い当たるフシが…)

 

確かにお兄さんの肉体は過労のために大きな病気を繰り返したり、ストレスで禿げたりしてるかも知れません。ですがそういった健康上の問題ですら、本人は否定的な感情による色付けをしておらず、ただありのままの事象を淡々と受け入れているらしい。(これも思い当たるフシが…)

 

この話を聞いて、最初は「まさか!」と思いましたが、よくよく今までのお兄さんの反応(=情緒に無縁で人間離れしてる感じ)を思い出してみると、全て合点が行くことばかり。ガーン。なにこの世界がひっくり返る感じ!?

 

タオさんも教えてくれました。私が心配しているようなお兄さんはもともと存在していないと。私が勝手に色々な心配をお兄さんにペタペタ貼りつけていただけ(それも何年もかけて…)。私が「きっとこうに違いない」と信じていた事はぜんぶ的外れだったのです。うおーーー、今頃になってそんな事が明かされるとは!!

 

結局のところ、私がエースのお兄さんに対して「どう感じているか」という事だけが問題なのでした。彼を通して、自分が世界をどう見ようとしているかが分かるとなると。。。現時点で私が見ている世界はパワハラ地獄が存在する世界です。どう考えてもイイ感じではないですね(~_~;)

 

*****

この日、かなり衝撃を受けて帰路につきました。絶対不幸だと思っていたお兄さんは実は不幸じゃなくて、私の見方がお兄さんを不幸だと決めつけていただけだった。。。?

 

そしたら自分でも驚くような変化がありました。
翌日から、目の前のお兄さん見ても全然心がざわつかなくなったのです。

彼は、私みたいな好き嫌いのフィルターを一切持たずに、今目の前にあることをただ全力でやってるのか。。。ある意味、どんな状況であっても怒ったり恨んだりしない在り方というものを私に教え続けてくれたのかも知れない。なのに私は。。。あなたを長年誤解してたよー。。。(;ω;)

 

気づくのが遅すぎた感はありますが、少なくとも会社を去る前にこの事を学ぶことができて良かったです。今まで「誰かお兄さんを助けて!」と思い続けてきたことは、じつは「誰か私を助けて!」という心の叫びだったのかも知れないなあ。

私にとって今回の認識の転換は、ものすごく大きな変化だったので、まるでその祈りが聞き届けられたような気分でした。タオさん、ミズホさんに感謝です!