ACIMタッチアンドゴー

奇跡のコースに復帰したのが奇跡

3人いなくなる事について

4/5。

今日は同僚のサコさん(社員さん)の最終出社日だったので、みんなで色紙や花束を渡し、盛大に見送りました。

ちなみに、サコさんとは何年も同じ課で一緒だったけど、業務が異なるため去年までほとんど接点がない人でした。でも、美人部長の送別作戦の時に一致団結したのを機に仲良しになったという経緯があります。

 

実はサコさんが辞めた理由のひとつはクロトワ課長のことだそうです。美人部長が去ったあとクロトワ課長が実質的な大ボスになり、以前より明らかに高圧的になってきたため、これ以上我慢する理由はないと思ったとのこと。

でも話はこれで終わりではなくて。。。同じく今年から同じ課に加わってきた若いオシャレな子がいるんですが、なんと彼女もクロトワ課長に我慢ならず「4/1に辞表出して4末に辞める」というかなり抗議的なパフォーマンスを実行し、皆を驚かせたのでした。(◎_◎;)

 

ちなみに私が長年見ている夢の中では…クロトワ課長は昔からちょっと二重人格なところがあって、オフィスフロア内では(特に目上の人には)非常に社交的なのですが、会議室などの閉ざされた空間では(特に部下対しては)態度が豹変して威圧的になる傾向があります。

私たち技術チームは大昔からクロトワ課長以外の上司を知らないのでそれが当たり前と思ってましたが、後から入ってきたサコさんやオシャレさんは他の部署を経験しているので違和感があったのでしょう。というか、そのほうが普通の感覚なのかも。。。

 

まあ結果だけ見ると、クロトワ課長にしてみれば、今期だけでサコさん、オシャレさん、トベの3人の部下を失う形になったわけです。彼が指揮する直属の部下は7人ほどなので、およそ半数が一気にいなくなるという事でもあります。(あとこれはオフレコ情報ですが、タケノコさんも現在密かに転職活動を進めています)

 

そんなこんなでクロトワ課長はいま頭を抱えている状態だったりします。まあ、私もそれに加担する形になってしまいましたが、さすがにこんなに連続して退職が続く事態は想像してなかったので私も驚いてるところです。

「美人部長の人望」という傘を失ったクロトワ課長に同情しないでもありませんが、逆にこれで良かったかも知れません。全員が黙って彼のプレッシャーを受け入れることが全体のためになるとも思えないので。。。

 

先のゲイリーの話で言えば、私がクロトワ課長に見ている嫌なところは、結局のところは自分の嫌なところだという事なのでしょう。だから長年にわたって彼をケチなパワハラ野郎だと見てきたのは、自分の貧乏性や怒りっぽさを否認・投影してたという事になるかと思います。だけど、そのどれもが実在していないということを度々思い出そうと思いながら、よく忘れてしまうんですよね。。。(で、気をつけようと思いながら会議に臨むと、クロトワ課長がいつになく優しく振舞ったりするんですけど。笑)

 

*****

ちなみに。3人立て続けに辞めるという展開にびっくりしてはいますが、イイコトもありました。それがきっかけで、今まで交流のなかった社員さん達とも頻繁にランチ会で交流するようになったのです。今まで昼は1人で過ごしてた私ですが、最近はみんなと会って仲良くおしゃべりするのが楽しみだったりします。

 

辞める直前なのがちと惜しいですが、職場の雰囲気は過去最高に良くなってきたかも!

(これで脱ネクラかな!?)