ACIMタッチアンドゴー

奇跡のコースに復帰したのが奇跡

Xデーの記録(2) イラストとか

(つづき) 

Xデー2日前「イラスト」

お別れの2日前にやっと諸条件が整ったので、帰宅してから、どうしても美人部長に捧げたかった①のイラストを3枚描き上げました。
って簡単に言うけど、これまで20年くらい絵が描けなくて困っていた私が、何の迷いもなく、わずかな時間で昔と同じようなイラストを3枚も描けた事には本当に驚きました。しかも久々に紙に描いて着色したイラストは、不思議なことに学生時代の全盛期のテイストと全く変わってなかった!びっくり!

 

それは、色鉛筆で幼稚に着色しただけのシロウトっぽい絵なんですけど。。。衝撃だったのは、絵を描くのが大好きだった頃の自分の描き方の特徴が、まるで当時と変わらないまま凍結保存されていたかのような印象だったことです。

自分が描いた絵を信じられない気持ちで見ながら、「ああ、私の中のお絵描きさんはまだ生きていたんだ、死んで消えたわけじゃないんだ」と、生き別れになった家族に一瞬だけ再会できたような、なんともいえない喜びがありました。これは自分にとって、予想外の恩恵だったかも。

 

と同時に、このイラストであれば、気難しい美人部長もきっと気に入ってくれるに違いないという、根拠のない確信も湧いてきました。たぶん大丈夫。。。これならいける!?※どんな絵になったかは内緒です(*^^*)

 

Xデー前日「デコレーション」

イラスト夜更かしの影響で、朝からすでに寝不足でしんどいXデー前日。でも、イラストよりももっと大事な②の寄せ書き完成というミッションが放課後に控えてたので、ドキドキしながら最後のメッセージカードの回収を待っていました。そして案の定、すべてが揃ったのは夕方でした。放課後に3冊分を一気に仕上げなければなりません。大変だ。

 

実は寄せ書きのデコレーションは何度か経験があるので、作業の段取りは良く知ってます。でもさすがに一晩で3冊仕上げるなんて未知の挑戦だし、もし今晩中に終わらなかったらどうしようアワワワ。。。と思いながら、誰もいない会議室に缶詰になって作業開始。

寄せ書きデコって、色紙にマステやシールを駆使して飾り付けるだけの単純な作業なのですが、どれだけ計画的にデザインするかで見た目の完成度がだいぶ変わります。一度貼り付けるとやり直しの効かない作業だし。

さて会議室を占拠したはいいけど、放課後スタートなので、常識的に考えると作業時間は4時間ほどしかありません。1冊あたり1時間ちょいか。。。きついな。。。

もう全力でやるしかねえ〜!!ヽ( ̄д ̄;)ノ

 

*****

無我夢中でやっと3冊が完成したとき、久々に体力の限界を感じました。orz

時計を見たらすごい遅い時間だし、疲労MAXだし、帰宅できるか不安を通り越して絶望的な気分だったトベです。でもその時、閃きが!会社の近所に女性専用のドミトリーがOPENした事をたまたま思い出し、ダメ元で電話したら。。。なんと!当日のベッドが空いてました(しかも激安)!ラッキー!

 

行ってみたら、ホントに会社から徒歩3分の至近距離でした。完成したばかりの超お洒落な宿泊施設で、めっちゃ快適だし。これで翌朝ギリギリまで寝られる!ヤッター!

さっきまで絶望的だったのに、なんか一転して夢みたいな気分でした。たまたまこのドミトリーの事を思い出さなかったら、どうなっていたことか。。。感謝!!

 

気持ちのいいベッドで横になりながら「なんか、結果的に全部うまく行ったな~。だから明日のXデーもきっと大丈夫だな~」などと思いつつ、爆睡したのでした。