ACIMタッチアンドゴー

奇跡のコースに復帰したのが奇跡

Workbook レッスン137

レッスン137

私が癒されるとき、私ひとりが癒されるのではない。

Lesson 137. When I am healed I am not healed alone.

 

奇跡講座 下巻 ワークブックp283

『この世界は病気が仕えている法則に従っているが、癒しはそうした法則には関わりなく作動する。誰かが単独に癒されるということは不可能である。病気のとき、その人は必ず切り離され、分離している。しかし癒しは、再びひとつになろうという彼自身の決断であり、自らのすべての部分を攻撃されることも損なわれることもなく保っている彼の真の自己を、受け入れようという決断である。』

 

癒しシリーズが続きます。今日の説明を読んでいると、いとも簡単に癒しが訪れるようなイイ気分になれますが、その癒しを阻んでいるのが他ならない自分だと思い出して振り出しに戻る。。。

 

最近は体調が安定してて気分も普通でごはんも普通に食べられてます。ただ、これって少しは癒された状態なのか、単に恐怖感を抑圧してしまっただけなのか分かりません。

 

でも自分の心が癒される時(あるとすれば)、自分だけじゃなく時空を超えていろんな人々も同時に癒される、というのはなんか素敵だな〜って思いました。そんなすごい規模で癒されるってどんな感じなんだろう。

 

【長い練習】朝晩

1日の始まりに10分、夜1日を終えるときも10分、次の概念に捧げます:

私が癒されるとき、私ひとりが癒されるのではない。私の唯一の自己である神のひとり子の心から病気が追放されるように、私は自分の癒しを世界と共有したい。

 

【短い練習】毎時

毎時の1分間、この機能(はたらき)を忘れることがないように、次の考えを思い出します:

私が癒されるとき、私ひとりが癒されるのではない。私は兄弟たちを祝福したい。彼らが私とともに癒されるとき、私も彼らとともに癒されたいのだから。

(原文:When I am healed I am not healed alone. I would bless my brothers, for I would be healed with them, as they are healed with me.)