ACIMタッチアンドゴー

奇跡のコースに復帰してのあれこれ

ヘレンの生まれ変わり

9/14。

今日、ゲイリーのメルマガで風変わりなアナウンスがありました。以前からヘレンの生まれ変わりではないかと囁かれていたアルゼナ(Alzena)という女の子についてです。この子は幼い頃からFIPサイトにも写真入りで登場しており、7-8歳でコースを完全に理解していたと言われる少女でした。

 

彼女の話は以前ゲイリー来日講演でも話題になったので、ちょこっと書いたこと(4/23投稿分)がありますが、真偽を含めて謎の方が多かったので噂話の域を出ないよなーとは思ってました。そもそも誰がヘレンの転生かなどというのは単なるゴシップになりがちな話ではあるのですが、それでもゲイリーがこうした形で公表に踏み切ったのは、何か緊急性があってのことのようです。

以下、ゲイリーから届いたメルマガの自分訳です。

 

件名:ヘレン・シャックマンの転生

メールに添付されてた写真はこちら

 

皆さんへ、
僕とシンディの隣に写っている若い女性はアルゼナといいます。彼女は僕に、彼女がヘレン・シャックマン(ACIMの筆記者)の生まれ変わりである事を明かすことを許可してくれました。アルゼナは僕より賢くて、7歳のときに「神の使者」を読んで奇跡講座を始めたのです。僕はその翌年に彼女に会いました。

アルゼナが12歳のとき、彼女はすでにケン・ワプニックに手紙を書いて、彼にアドバイスを与えていました。そしてあるとき、ケンはジュディス・スカッチ・ウィットソン(ACIM刊行元であるFIPの理事長)に「あの子がヘレンだよ」と書いて送りました。そんなわけで、僕はアルゼナについてのいきさつを知る数少ない友達の一人だったのです。

僕は彼女と親しくなれたことを光栄に思っています。僕らは時々、お互いのことを「親友すぎる友達 (My bestest friend)」と呼び合ったりします。(ちなみにケンは最初のころ「(bestestが)文法的に正しくない」と言ってその呼び方を嫌がってたけど、じきに彼も慣れました) だって、僕らはそれがどういう意味か知ってるので。

アルゼナは現時点ではコースを教えたりはしていません。なぜなら彼女はいま大学に進学することにフォーカスしているからです。だけど、彼女がいつかコースを教えることになっても僕は驚かないでしょう。もちろん、他の職業を選んだとしてもね。そして、彼女がコースを教えなかったとしても僕は全然構いません。結局のところ、アーテンとパーサも最後の生で公にコースを教えることはなかったわけだし。

なぜいま、アルゼナと僕はこのことを皆さんに明かすことを選択したのでしょうか?それは僕が次のような(聖霊の)ガイダンスを受け取ったからです:「じきに巷にいる誰かが自らをヘレンの生まれ変わりだと名乗り、コースのメッセージとは違うことを教え始めるだろう」と。僕らがコースの教えに忠実でいつづけることは重要だし、アルゼナが公に出るかどうかに関係なく、彼女はいつだってそうすると僕は知っています。だから、いまこそアルゼナが本物であることを皆さんに伝えるべき時だと思いました。どんな事があろうとも、アルゼナと彼女の母親とシンディと僕はオアナ(ハワイ語で家族の意)です。
ありがとうアルゼナ、僕の親友すぎる友達。

愛してます、
ゲイリー

追伸:どうかアルゼナと連絡を取ろうとしないでください。彼女はいま進学で忙しくてとても皆さんの質問に答えることはできません。いつかそんな日が来るかも知れないけど。

 

*****

私は個人的にゲイリー達を支持しているので、今回のアルゼナの紹介を歓迎の気持ちを持って眺めています。もちろん、ゲイリーの戯言として一蹴されても仕方ないレベルの話ではあるのですが、もし将来的にこの子が教師として活躍するのであれば(しないかも知れないけど)、注視していきたいなと思っています。

 

余談ですが、以前から彼女がAlzenaという名前であることは少し知ってたので、珍しい名前の子だな〜と思ってました。ちょっと興味本位で調べてみたら、なんとアラビア語の女性名だったと知ってびっくり。前世でユダヤ系の血筋に生まれたヘレンが、今生であえてアラブ系の血筋を選んだかどうかは不明ですが、もしそうだったらすごいな〜と妄想してました。

 

9/30追記:ちなみにAlzenaの発音はローマ字読みのアルゼナですが「ゼ」がアクセントになります。US風のアルジーナという読み方ではありません。(気になってたのでゲイリー達の講座で聴いて確認しました^^;)