ACIMタッチアンドゴー

奇跡のコースに復帰したのが奇跡

なんか体調良くなってきた

9/20。

今日は有名な老舗の温泉に浸かってほっこり。ここは白濁の湯が有名で、昔からずっと混浴です。20年前に初めて訪れた時はオジサン達と目が合うと恥ずかしくて目を伏せてたけど、今は40代ですので負けずにカッと目を見開いて堂々と振舞っておりました。(どうなのそれは)

 

f:id:tobbe:20180923200823j:image

付近には90℃超の源泉が湧き出す池がありまして、ここもお気に入りスポットです。温泉と同じような不透明の水で、成分が濃すぎて魚は棲めません。こういう火山性の風景にもなぜか惹かれるんですよね。

 

それから渓流美で有名なルートを通りました。素晴らしい天気に恵まれ、木々のいい香りに包まれながら渓流沿いに散策。時にはゆるやかに、時には激しく姿を変える流れは、ずっと見ていても飽きません。子供の頃から大都会を転々として育った私には、こういう場所に来るのが最高の贅沢だったりします。

 

f:id:tobbe:20180923190039j:image

今回は観光目的でガシガシ歩くのではなく、好きなところで立ち止まって風景を眺めたりしながら、ずっと来たかった場所を再訪できた喜びをかみしめておりました。東京からだとなかなか来れない場所なので。。。

 

*****

今回の旅行は連日のように長距離移動が多くて、なんだかんだで毎日のように早朝から深夜までフル活動してます。普通に考えると仕事してる日々よりもっとハードな毎日のはずなのに、不思議なことに体調はどんどん良くなって来ています。

まず、夜は寝ようと思った時にきっちり眠れるようになり、割と短めの睡眠時間で早朝にバシッと起きられるようになりました。また、疲労もあまり感じなくなり、肩こりも軽減してきました。便秘も改善され、お通じもバッチリ!今は頭ぐるぐる体操に頼らなくても勝手に活力が充電されてる感じがします。

 

心理的な側面も変化アリです。自然の中を1人で長時間ドライブしてると、ポコポコといろんな想念が浮かんで来るのですが、特に過去の記憶やネガティブな感情が蘇って来るときは、ACIM的な観点から再解釈するチャンスにもなるし、たまに目からウロコな気づきが降ってくることもあるので、移動時間も決して無駄にはならないと気づきました。

一人旅というのは、ある意味心を自由に泳がせられる時間でもあるのかも知れません。特に運転中は自由時間でありながら、スマホもいじれず本も読めない状態が強制的に持続するわけで、心が自然な状態になりやすいみたいです 。

 

ちょっと旅に出るだけで心身両面からこんなに元気になるなんて予想外でした。今まで療養のつもりで引きこもってて、もう旅する必要はないかな〜と思っていたけど、やっぱり私は体質的に旅を通じて心を整えるのが適しているみたいです。

 

今までの旅行では、山登りとか観光とかの目的地だけが重要だと思ってたけど、今回初めて、移動時間も含めたすべてが大切なんだと思えるようになりました。実際、こうして体調が好転するのを実感してみると、旅することも一種の精神療法なのかも知れないと思ったりします。