ACIMタッチアンドゴー

奇跡のコースに復帰したのが奇跡

3回訪れた原生林の想い出

9/19。

さらに移動して、今度は広大な原生林が保全されている地域へ。ここは大好きなエリアなのですが、東京からは遠すぎてなかなか再訪できずにいた所です。

 

最初に来た時は20歳くらいの時のバイク旅。怖いもの知らずでダートの林道を突っ切って1人でやって来ました。延々と森が続くだけなのですが、国内でも稀な植生が見られ、手つかずの大自然にはすごく惹かれるものがありました。見るもの触れるものすべてが新鮮だったのを覚えています。20年ちょっと前の話ですが、とても幸せな旅でした。

 

f:id:tobbe:20180920133500j:image

2度目に来た時は結婚した直後のことで、2人で来ました。この森で前夫と一緒に川沿いの散策路を歩いたときの想い出は良いものでしたが、その後、些細な口論が原因で彼が口を聞いてくれなくなりました。楽しい新婚旅行になるはずだったのに、初めてそんな冷たくされたことがひどくショックで、辛い旅行第1号になりました。

(ちなみに、彼が口論で不利になると心を閉ざすパターンはその後の結婚生活でなんども繰り返されたのでした。その度にこっちが折れて、泣いて謝ることでしか事態を収束できなかったのは大失敗だったかな…)

 

f:id:tobbe:20180922073102j:image

そして今回は3度目、再び1人での訪問となります。思わず、同じ川沿いを1人で歩いて「想い出を上書きしてみるか?」的な誘惑に駆られました。しかしその川沿いは2年前から上級者コースに指定されており、特定の装備をレンタルしないと入っちゃダメとかうるさいことを言われ、なんかモチベーション下がって断念。

 

でも代わりに、初心者向けの山沿いの散策路が近くに整備されている事に気づいてピンときました。よし、昔と同じ道を上書きするのではなく、違う道を選んでみよう。

そしたら、その山沿いの道の方が樹々の景観に恵まれてて、自分の求めている風景に近かったのです。嬉しくなって写真撮りまくり。こっちを選んで正解だった!と思いました。

 

終わってる記憶を蒸し返すような事をしなくても、聖霊と共に見つめるだけで良いわけで、これからはもう別の道をいきなさいねって教えてもらったような気がします。

 

というわけで、3度目の訪問は再び幸せなものとなりました。
森林浴楽しかった〜( ´ ▽ ` )