ACIMタッチアンドゴー

奇跡のコースに復帰したのが奇跡

FACIMデジタル本のお試しレビュー (PC編)

通常書籍とデジタル版の比較検討
先にちょっと書いたFACIM移転の件ですが、オンラインストアが9月から書籍の発送を一時的にストップする予定だというので、欲しい本をいますぐ注文すべきかどうか考えてました。
日本国内だったら、欲しい本から順番に買えば済む話なんですけど、FACIMで買うとなると国際送料の問題が絡んできます。一度、1000円位の博士本を一冊だけ注文しようと試みた事がありますが、USPSの送料が7100円超かかると知って速攻キャンセルした事があります。さすがにその金額は無理っす。(꒪ཀ꒪)

ただ、紙の本にこだわるから送料の問題が出てくるのであって、デジタル書籍だったら購入した瞬間にダウンロードできるという利点があるんじゃないかと。しかも幸いなことに、FACIMで販売してる博士本はすべてe-pub形式で買う事も可能なんですよね。そっちのが、ちょっと安いし!もし自分がe-pub本でも良いと納得できれば、送料やら発送云々の問題はぜんぶ解決するんだよなー。。。

一方で、デジタル書籍は何らかのデバイス(PC、スマホ等)がないと読めないという性質があります。気になったのは、FACIMのe-pub形式の本を読むにあたり、Calibre(カリバー)等のフリーウェアが必要だという説明書きがあったことです。別にそれでも構わないけど、PC上でもっと簡単に読む方法ないの?
あと、e-pub形式のままだとスマホKindleアプリで読めません。CalibreKindle(.mobi)形式に変換加工してから、クラウド上のKindleパーソナル・ドキュメントに転送する必要があります。
うーん。こういう技術的なことは一度、e-pub本を買って試してみないと分からんな。


よっしゃ!実験でForgiveness and Jesusのe-pub版を買ってみよう!これなら紙の本も持ってるし、e-pub版との違いを比較しやすいはず!。。。と思って、早速オンライン購入(通常$18のところe-pub版は$14)し、さくっとダウンロード。

↓入手した書籍データはこんなファイル名でした。
ForgivenessAndJesus.epub (381KB)
あれっ?これって紙だと結構分厚い本なのに、データにするとたった381KBしかないんだ?かっる~い!


IE Edgeのリーダー機能が意外とスゴイ
さて、これって本当にCalibreをインストールしないと読めないんかな。。。?
と、思ったら、おおお!なんだこれ、epubファイルをクリックしただけでIE(Edge※)で読めちゃうよ!拍子抜けするほど簡単じゃん!Calibreなんかなくたって読めるじゃん!思ったよりお手軽かも!やった~~!
IE Edge = Windows 10の標準ブラウザ。ここ最近のPCなら必ず入ってます。

IE (Edge)があれば一発で読める↓

f:id:tobbe:20180812221202p:plain


好きな時にe-pub本即時ダウンロードして何の準備もなくスグ読める!というのは嬉しい発見でした。しかも、このIE(Edge)のリーダーがなかなか使い勝手が良いのです。ハイライトも保存できるし、お気に入り箇所をマウスでコピー&ペーストしてエディタに貼り付けたりできるし。このコピペ機能、お気に入り箇所の抜粋とかに重宝しそう!!
紙の本では絶対に出来ないワザです!ナイス!
 
さらに面白いことに、ページ上で右クリックすると「音声で読み上げる」というメニューがあって、実行するとMicrosoft Ayumiという人工音声によって、めっちゃジャパニーズ英語で棒読みされるではありませんか。
これは面白いと思って、アメリカ英語の言語パックを追加してみたら、Microsoft David (他にもZiraとかMarkとか選べる。笑)というシブい人工音声がネイティブ英語で読み上げてくれてスッゲーーー!と思いました。もう文字読まなくていいじゃん。笑
IE Edge、意外とやりよる。

あっ、でもそんな事して遊びたかった訳じゃないのです。
本題は、こいつをスマホで持ち運んで通勤電車の中とかで読めるかどうか?であります。
(続く)