ACIMタッチアンドゴー

奇跡のコースに復帰したのが奇跡

Workbook レッスン209

レッスン209

復習VIの⑨

 

3/16。一夜明けて、いつも通り出勤。だけどなんだか大事なチェックポイントを通過したような、いつもとは違う気分です。きのうのことに思いを巡らせています。。。

 

【練習】
復習VIのメモ参照。

 

私は肉体ではない。私は自由である。私は今も神が創造したままの私なのだから。

 

1. (189) 私は今、自分の中に神の愛を感じる。
189. I feel the Love of God within me now.

 

奇跡講座 下巻 ワークブックp439
『神の愛が私を創造した。神の愛が私のすべてである。神の愛は、私が神の子であると宣言した。私の内なる神の愛が私を自由にする。』

私は肉体ではない。私は自由である。私は今も神が創造したままの私なのだから。

 

***** ***** *****

あのあと、きのう教わった「神への信」について考えていました。最初はコースの特徴的な概念のひとつ、みたいなぼんやりした印象だったのですが、やがてそれが「赦し」と並ぶコースの中心的な柱であることが私にも見えてきました。

それは偶然だったのですけど、ちょうど読んでる最中のForgiveness and Jesusの中で、ワプニック博士が次のように簡潔に述べていたのです。(p115冒頭)

The Holy Spirit's plan for our salvation asks two things of us: that we have faith in God, and that we practice His daily lessons of forgiveness.
(聖霊の救済計画は私たちに2つのことを求めています:ひとつは神への信を抱くこと、そして日常的に聖霊の赦しのレッスンを実践することです。)

大事なことは、2つあったんだ!
ACIMで一番大事なのは赦しの実践だよね、って漠然と思ってたけど、もう一つ同じくらい大事なことがあって、それが「神への信」だったんだ。最近のワークブックの復習には「神」に関する練習たくさん出てくるけど、実感が湧かないからどう扱っていいのか分かりませんでした。でも、これも超大事なポイントだということですね。

 

現時点では、それで何かが分かったという訳ではないけれど、今まであまりフォーカスしてなかったところに目を向けさせてくれた蘭丸さん&マイティさんに感謝です!