ACIMタッチアンドゴー

奇跡のコースに復帰したのが奇跡

Workbook 181-200 序文

レッスン181-200への序文

次のレッスンに入る前に「序文」があります。今までこんなのあったっけ?

何か学習方針の区切りを示しているようなので、ちょっとメモしておきます。

 

奇跡講座 下巻 ワークブックp372

『次につづくいくつかのレッスンは、漫然とした取り組み方を真剣なものに変え、散在するゴールを一つの目的へと集約するために、あなたの意欲を堅固にすることを主眼としている。』

 

漫然とした取り組みがバレてるぅー!散在するゴールって、病気治りたいとかドライブ行きたいみたいな事かな。。。orz

 

p372『私たちのレッスンがこれから目指すのは、特に、視野を広げることであり、あなたの心眼(ヴィジョン)を狭く限定して私たちのゴールの価値を見えなくしている特別な妨げに対し、直接的なアプローチをとることである。私たちが今から行おうとしているのは、こうした妨げを、ほんのわずかな間でも取り除くことである。それが取り除かれたときの解放感は、言葉だけで伝えられるものではない。』

 

視野を広げるって、どういう事だろう。妨げを取り除くってどういう事だろう。。。

と思いつつ、レッスン181に進みます。