ACIMタッチアンドゴー

奇跡のコースに復帰したのが奇跡

Workbook レッスン161

レッスン161

聖なる神の子よ、私に祝福を与えてください。

Lesson 161. Give me your blessing, holy Son of God.

 

1/9。初出勤です。久しぶりの早起きと通勤電車に緊張してうまく眠れず。いきなり寝不足気味でしたが、なんとか無事に乗り切りました。

 

奇跡講座 下巻 ワークブックp335

『あなたは今までに何度も、肉体を超えたところを見るようにと促されてきたが、その理由は、目に見えている肉体は、愛の「敵」の象徴を提示するものであり、その象徴はキリストの心眼(vision)には見えないものだからである。』

 

今日のレッスンは久々に具体的な指示がありますが、いつやるとか回数とかは明示されてません。なのでこのあたりから練習の実施タイミングはだんだん学習者に任されるようになるのかも。

 

トベは個人的にレッスン153から続けてきた「朝晩の瞑想 & 毎時の思い出し」パターンを踏襲します。ただ、ここから先は1時間おきタイマーとかに頼る回数を減らして、なるべく自力でうっかり忘れを克服しなくちゃ。

 

何となくですが、これまでの練習のようにワークブックの概念を言葉で思い出すやり方だけでなく、提示された概念の内容を汲んで、それとともに生きるような姿勢がだんだん求められているような気がするので。。。

 

あと、今日の練習は、兄弟の聖性によって自分を祝福して貰う、という新しい方法です。しかもその兄弟に苦手な人を選んだとしたら、かなり上を行く練習になるなあと思いました。

 

【長い練習】

(詳細p336)ひとりの兄弟を選び、なるべく見慣れた姿で思い浮かべます。それから「私が見ているものは、私の罪をすべて赦せる人の姿を私から隠している」と考えます。その人が自分を自由にしてくれるように、次のように頼みます:

聖なる神の子よ、私に祝福を与えてください。私はあなたをキリストのまなざしで見て、あなたの中に私自身の完璧な無罪性を見たいのです。