ACIMタッチアンドゴー

奇跡のコースに復帰したのが奇跡

Workbook レッスン124

レッスン124

私が神とひとつであることを、思い出せますように。

Lesson 124. Let me remember I am one with God.

 

長い練習で30分の瞑想があったので、あえてランチタイムに自席でやることにしました。ただRelaxアプリだとオフィスの雑音(電話音)とかに負けて気が散るので、今回は耳栓つっこんでバイブ目覚ましセットして挑戦。これがなかなか静寂で良い環境でした。

 

とはいえ神とひとつになる感覚とかはナイです(リラックスはできたけど)。まあ、あまり気にしないことにします。これがACIMで言う梯子の一番下の、さらに10km手前くらい(もっと?)の状態に違いない。でも梯子がある事を知っただけでも、人生の方向性が変わるには十分ですよね。

 

奇跡講座 下巻 ワークブック p238

『私たちの心はなんと神聖だろう!見るものすべてが、私たちの心の中の聖性を映し出しており、私たちの心は、神ともひとつ、自らともひとつである。何と簡単に誤りが消滅し、死が永遠の生命に場を譲ることだろう。』

 

【長い練習】

1日のうちの最適な時間に30分間を、自分が神とひとつであるという概念に捧げます。

瞑想のルールや指示はなく、神の声に任せます。たとえ何もおこらないと信じていたとしても、その恩恵が減ることはないという励ましつき。(なんか見透かされたような気分。。。)

 

【短い練習】

1時間ごとに、次のように繰り返します:

終わることのない聖性と平安の中で、私がすべての兄弟と私の自己とひとつであり、ともひとつであることを、思い出せますように。

(原文:Let me remember I am one with God, at one with all my brothers and my Self, in everlasting holiness and peace.)