ACIMタッチアンドゴー

奇跡のコースに復帰したのが奇跡

Workbook レッスン51

レッスン51
復習Iの①

 

復習Iのやり方については前記事を参照。ページに記載されたコメントを読み、それについて考える練習が含まれるので、自分なりに要点をメモします。

 

1. 私の見ているものには何の意味もない。

Lesson1. Nothing I see means anything.

私が見ているのは無である

・無には何の意味もない。

・いま見ていると思っているものにより心眼が奪われている。

・これを手放すことで心眼と入れ替わる。

 

2. 私に見えているあらゆるものに、私にとってそれがもつすべての意味を与えたのは私自身である。

Lesson2. I have given what I see all the meaning it has for me.

・見えるものに価値判断を下したのは私自身。

・これはヴィジョンではなく幻想である。

・私の判断は真の現実(実相)とは全く異なる。

・私の判断が自分を傷つけてきた。

・真に見るには、こうした判断に正当性がないことを認識する必要がある。

 

3. 私に見えているどんなものも、私は理解していない。

Lesson3. I do not understand anything I see.

・見るものを間違って判断していたら、理解は不可能になる。

・私が見ているのは誤った思考が投影されたものである。

・進んでそれを手放そうと思うだけで、真の理解と交換できる。

 

4. これらの考えには何の意味もない。

Lesson4. These thoughts do not mean anything.

・神から離れた思考には意味がない。

・真の想念とは、神とともに思考する考えである。

・私の考えは真の想念の代替物に過ぎず、したがって意味がない。

・喜んでそれを手放すことで真の想念と入れ替えることができる。

 

5. 私は自分で考えているような理由で、動揺しているのではない。

Lesson5. I am never upset for the reason I think.

 ・私は自分の考えを正当化することで思考体系を維持している。

・怒りや攻撃を正当化するため私はすべてを敵にする。

・自分を傷つけてきた誤った思考体系を私は手放す。