ACIMタッチアンドゴー

奇跡のコースに復帰したのが奇跡

Workbook レッスン46

レッスン46

神は愛であり、その愛の中で私は赦す。

Lesson 46. God is the Love in which I forgive.

 

あうー。トベはこのレッスン2日位かけて沢山やらなくちゃダメかも。先日のキモい怖い人の件も、赦しとか程遠いし。。。

 

奇跡講座 ワークブックp106

は一度も咎(とが)めたことはないので、赦すことはしない。そして、赦しが必要になることがあるとすれば、その前に、咎めがあったはずである。赦しはこの世界が大いに必要としているものであるが、それはここが幻想の世界だからである。だから、赦す者たちは、自らを幻想から解放しているのであり、赦しを与えずにおく者たちは自分自身を幻想に縛りつけているのである。そしてあなたが咎める相手はあなた自身だけであり、あなたが赦す相手もあなた自身だけである。』

 

つまり先日の件をキモい怖いと思っている限り、幻想から自由になれないと。→これから先もキモ怖い事を体験し続ける確定コース!?

 

p106『は赦すことはしないとはいえ、赦しの土台は神の愛である。恐れは咎め、愛は赦す。そうして赦しは、恐れが生み出したものを取り消し、心が再びを自覚できるようにする。だからこそ、赦しは真に救済だと言えるのである。それは、幻想が消え去るための手段である。』

 

今まで"赦す"というと、嫌いな相手を無理やりイイ人だと自分に言い聞かせるような不毛な努力をして結局挫折してきたトベですが。。。(頭でいくら考えても感情がついてこないので)

それだと相手を悪い奴だと決めつけている思考から抜けにくいんですよね。

むしろ特定の状況に対して、条件反射的にキモい怖いと思ってしまう"自分の恐怖"を取り消す方が先かも知れないな〜と思いました。

 

今日のレッスンのいい所は、自分の思考回路をあてにして赦すのではなく「神の愛」を頼りにしている事だと思います。この愛をイメージすれば、トベのような落ちこぼれでも赦せる気分になりやすいです。

 

 

【長い練習】3回かそれ以上

このレッスンは、5分の練習を少なくとも3回行います。

 

①a まず、今日の概念を繰り返します:

神は愛であり、その愛の中で私は赦す。。。

 

①b 目を閉じて心の中を探し、まだ赦していない(嫌いな)相手を何人か見つけます。「どのくらい」赦していないか、という事は関係ないことに留意。(その人を完全に赦したか、まったく赦してないかのどちらかしかないため)

それぞれの人について次のように言います:

神は愛であり、その愛の中で、〇〇さん、私はあなたを赦します。

神は愛であり、その愛の中で、△△さん、私はあなたを赦します。。。。

 

①c 思い浮かんだ人々に概念を適用したあと、次のように言って自分自身を赦します:

神は愛であり、その愛の中で、私は私自身を赦す。

 

①d 残りの練習時間で、今日のレッスンに関連した概念を付け加えていきます。様々なバリエーションの例あり:

・神は愛であり、その愛の中で、私は私自身を愛す。

・神は愛であり、その愛の中で、私は祝福されている。

・私は神の子なので、罪があるはずがない。

・私はすでに赦されている。

・神に愛されている心に恐れはあり得ない。

・愛が私をすでに赦しているのだから、攻撃する必要はない。

 

①d 最後に、主題概念をもう一度繰り返して終了:

神は愛であり、その愛の中で私は赦す。

 

 

【短い練習】できるだけ多く

②a 一日を通じて今日の概念を繰り返します。主題概念そのままでも、①dのようなバリエーションでも、好きな方で:

神は愛であり、その愛の中で私は赦す。

 

②b 誰かに対して否定的な反応を自覚した時(その人が目の前にいてもいなくても)は、心の中で次のように言います:

神は愛であり、その愛の中で私はあなたを赦します。

 

 

今回の演習を通じて、キモい怖い人の件は「神の愛」を経由して赦すイメージを持つことにしました。結果はどうあれ。。。