ACIMタッチアンドゴー

奇跡のコースに復帰したのが奇跡

エゴはなぜACIMに協力できる?

ACIMについて、トベがだいぶ前から不思議だった事があります。それは、ACIMの行き先がエゴの解体であると明言されているのに、実際に「赦しを実践しよう」とか「ワークブックをやろう」とか考えて実行に移すのは自分の自我(私という意識=エゴ)だったりするからです。

 

ゲイリー本とか奇跡講座のテキスト編を読むときとかも、「なるほど〜。そうかエゴの解体か〜。すごいな〜」などと頷きながら読んでいるのもトベのエゴの一部です。でもそれって、エゴにとっては「完全自殺マニュアル」を読んで盛り上がってるのと変わらない奇妙な構図だなあ、と。

 

まあ、トベの自己認識が把握している「私」はほんの表層的な一部であって、水面下の知られざるエゴの全貌にとってはもっと複雑に自己温存できる仕組みがあるのでしょう。表向きACIM学習に協力しつつ、外界にはさまざまな問題を投影しまくる戦略で楽勝だぜ!という事なのかも知れないし。

 

去年、ぼんやりとそんな事を考えていたときに、ふっと何かに気がついた感じがしてメモを残していました。その時の要点をまとめます:

 

*****自分メモ*****

ACIMテキストが述べている通り、聖霊のやり方とエゴのやり方が相容れる事は全くあり得ない。しかしながら、かたちの面において、まるで聖霊とエゴの利害が一致するかのように見える特異な考えがある。それが「赦し」である。

分離や差別化を好むエゴは、ACIMや赦しの実践を通じて、自分が他の人よりスピリチュアル的に特別な存在になれるという優越感を得られたり、赦すことで将来の不幸を避けられるかも知れないという利己的な計算もはたらく。

そのようにしてエゴが赦しの思考回路を自己中心的に受け入れている間に、聖霊は心の中から少しずつ恐怖や罪悪感を解体していく。些細な赦しがもたらす小さな罪悪感の取り消しは、エゴにとって脅威とはならないので、その間に聖霊は粛々と癒しをすすめていく。

***********

 

上記は、トベの思いつきなので間違ってるかも知れません。でもとりあえず現時点では、この考えが思い浮かんだときに、なんかモヤモヤしてた事が腑に落ちたような気がしたんですよね。 

 

ちなみに、去年これを思いついた時に忘れちゃいけないと思ってメモを残したまではいいんですが。。。その後まんまと内容を忘れて、その後はエゴのやりたい放題でしたねえ。

( ´Д`)y━・~~

 

「何やらくだらない事でブチ切れたり、噛み付いたりしてましたな。」

黒歴史のことは言わないで。。。orz」