ACIMタッチアンドゴー

奇跡のコースに復帰したのが奇跡

5分の演習にバイブ目覚まし

トリビアな話ですが。。。

最近ワークブックのレッスンで、「長めの練習」というのを1回あたり5分くらいやることが多くなってきました。

 

でも、目を閉じてやる練習だと、いつ5分経ったか分かりません。別に厳密に5分じゃなくてもイイのは分かってるんですが、会社の休憩時間とかに実施する時なんかはあまりダラダラやる訳にもいかないし、かと言ってオフィス内や電車の中で音が出るアラームをセットするわけにはいきません。

 

で、iPhoneに仕込んで活用してるのが「バイブ目覚まし」というアプリです。このアプリのいいのは、プッシュ通知でブルブルッと時間を知らせてくれるので、目を閉じたままの練習でもポケットに突っ込んでおくだけで正確に時間が分かるんですよね〜。

 

トベはいつも6分にセットして、最初の1分くらいをお決まりの主題概念を繰り返すタイムに充てて、残りの時間をメイン演習に使ってます。

 

1日4回の練習をするような日だったら、朝の通勤電車の中で1回目、会社のランチタイムで2回目、帰りの電車で3回目、帰宅して夕食を作って食べたあとに4回目。。。という感じが多いです(°▽°)

 

その合間に「短かい練習」を何度も挿入したりするので、結構忙しい気がする〜。まだレッスン50にも行ってないけど、この先もっと忙しくなるのかなあ?

でもこのくらい日々集中する癖をつけておかないと、また将来コースアウトするのはイヤだからな〜(^^;;