ACIMタッチアンドゴー

奇跡のコースに復帰したのが奇跡

ノートPC突然死…なぜ今?

実は先のWorkbook レッスン23をやってる最中にとんでもない出来事が。。。


この日は自宅療養中だったので、ノートPCで調べものをしていたら、突然PCがフリーズして無反応に。まあ、うちのネット回線は劇遅なのでフリーズはよくあること。さほど気にせず、いつも通りにタスクを終了させようとしたら。。。あれ?強制コマンドが効かない。

これは仕方ないなと思って、最終手段の電源ボタンを押して強制的にやり直そうとしたら、
まさか。。。まさかの。。。
Operation System Not Found!!!

トベも長年IT業界で技術者のはしくれをやっているので、これがPCご臨終を意味しているという事はすぐに察しがつきました。うそおおー!!嘘だと言って〜((((;゚Д゚)))))))

まあ、こんな事もあろうかと、大事なデータはほとんど外付けHDD&クラウドストレージで管理してきたので、死ぬほどのダメージは受けてません。でも、PC内の開発環境で構築していた一部のデータは取り出し不能に…orz

 

まさに。
レッスン22

私は朽ちてゆくものしか見ていない。

私は永続するものは何一つ見ていない。。。

 

「はうううううう。゚(゚´ω`゚)゚。」

「よろこべ、赦しを実践する機会じゃないか」(言い聞かせる)

 

で、ここからが本題なんですが、最近どうもワタクシ、激しい頻度で災難が続きすぎじゃない?? 知り合いが死亡事故起こしたり、未だかつてない仕事量が一度に降りかかったり、自分は体調不良で倒れたり、他にも公表してない恐怖体験がいろいろあったですよ。それも、たった1ヶ月の間に!!

 

なんかねー、これってまさに1ヶ月前、突然ACIM復帰を決意したのと関係ある気がしてならないんですよ。というのは、トベは日頃から運のいいほうだし、体調不良(それも胃腸)をやるなんて、まずあり得なかったし。

 

これだけいろんな迫害(?)がひと月にメジロ押しって、絶対ヘンでしょ!それもワークブックを再開したと同時にワンサカくるなんて。

なんか、今まではちゃんと人生をコントロールできてたのに、突然コントロールを失ったような感覚です。

 

頼りにしてるゲイリー本にこんな一節がありました。。。

 

不死というあなたの現実 p162より
『移行にあたっては混乱期があり、そこでは実際に見当識の障害が起こるかも知れない。しかし、怖がることはない。それはあなたがたの世界を取りまとめているかに見える歪んだ照合の枠組みを手放す意思があることを意味するだけなのだから。』

 

怖がらなくていいって言うけど、これ、いつまで続くんだろう。。。