ACIMタッチアンドゴー

奇跡のコースに復帰したのが奇跡

ワークブックと休日の過ごし方

いろいろ失敗こいた後のワークブック二周目ということで、今度こそなるべく真面目に取り組みたい(?)という気持ちがあります。

 

6年前に初めてやったときは、早くワークブックを終えたい一心で、休日のお出かけ時とか、旅行中とかにも、せわしなくレッスンに取り組むようなケースが少なくなかった記憶あり。。。

 

でも本当はワークブックを1年ピッタリで終える必要はなくて、何年かかっても問題ない!という点を重視することにしました。たぶん私のような三日坊主の場合、心のトレーニングはあまり早く終わらない方が良い気がします(すぐ忘れちゃうので)。技術習得のための練習期間をじっくり長く取るようなイメージです。

 

実際、休日に友達とプチ旅行とかに出かけて、いざレッスンをやってみようと思っても、非日常の環境ではなかなかうまく集中できないんですよね。。。あまり記憶にも残らないし。

最初のレッスン群は、一回1分ほどを1日に3-4回、というライトなものが多いですけど、そんな簡単そうな事でさえ、誰かと一緒にいる時にやるのは難しい気がします。

 

というわけで、休日に友達と遊びに行くような日は、無理してワークブックするのをやめることにしました(°▽°)

そのぶん、レッスンの歩みは遅くなりますがノープロブレムです。

 

このへんはひとそれぞれだと思いますが、私の場合はどちらかというと、通勤電車の中とか、仕事の休み時間なんかに1人で黙々とやる方が、じっくり反芻しながら取り組めるので心に残りやすいかな〜と思います。

 

そんな風にオン/オフを区別したら気が楽になりました。何より、前回よりきっちりとレッスンに向き合えるようになったので、自分にとっては正解だったかなと思います。