ACIMタッチアンドゴー

奇跡のコースに復帰したのが奇跡

書籍・教材

二重の視覚

6/27。最近のレッスンは「肉体の目を使わない」とか「心眼で見る」みたいな話が続いてて、そんな簡単に言われても無理だよ~!と、心折れそうになっております(>_<)。でも、外側にあると思えるものを、聖霊の目で見るにはどうしたらいいの?という件について…

Workbook レッスン270

レッスン270 私は今日、肉体の目を使わない。 Lesson 270. I will not use body’s eyes today. 6/21。少し眠れるようになったけど、起きても疲れが取れないトベです。(木曜ともなると、ちょっとこたえます)。キリストの視覚とか全然分からないので、今日のレ…

奇跡の原理を読み返し中

6/9。奇跡の原理とゲイリー本最近ちょうど「奇跡の原理」をチビチビ読み返してます。この本は、現時点で邦訳されているワプニック博士本シリーズの中で、私が一番気に入ってるやつです。その名の通り、テキストの冒頭(第1章)で述べられている50の奇跡の原理…

博士のお見舞いアドバイス

5/29。退院後、自宅療養でのんびりする間もなく、術前のリノさんの見舞いに行くことを目標に、ウォーキングしたりして体力回復をはかっています。そもそも、ほぼ他人であるリノさんに会いに行くべきかどうか?一般論としてはNGでしょうけど、まあ、出会った…

ACIMで行こう!を読んで

5/13。 ちょっと前にマイティさんの記事で紹介されてた「ACIMで行こう!」というKindle本が面白くて、①も②も一気読みしてしまいました。入院前の忘れないうちにメモ。 ACIMで行こう!①この本は、そもそもスピに入門するきっかけの所から書いてあるので、当初…

草津のマザー・テレサ

5/7。 今回の草津訪問で忘れられなかった事がもうひとつ。それは、ティーダさん達に「草津にマザー・テレサみたいな人がいたんだってよ」と教えて貰って興味を持ち、「リーかあさま記念館」を訪れたことです。教会の隣にあるとても小さな記念館で、静かな林…

自然を愛でることについて

以前、花見で桜を楽しんでいた日に、ワプニック博士が自然を愛でることについて何か面白いことを言ってたな~、というのを思い出したので書きます。それは、The Metaphysics of Separation and Forgivenessという講話集の中の一節です。 ちょっと前に「世界…

一歩退いてエゴを見つめる

ACIMに出会う前にお気に入りだった、エックハルト・トールの「ニュー・アース」という本があります。この本はエゴ(自我)の処し方について詳しいのですが、その中で心に残っていた話のひとつが、哲学者たちの言葉から紐解くエゴの気づきの話でした。当時は、…

ペットの病気や怪我に対する見方

実家の愛犬プーコが突然足をいためて動けなくなってしまった件で、オロオロしているトベです。facim.orgのTrue Empathy にペットの苦しみに直面した飼い主のエピソードがあったのを思い出して、何度も読み返し中。。。このTrue Empathyはとても長いお話です…

メアリーさんの手術の話

先日(3/5参照)届いた、先輩学習者のTさんが勧めてくださったワプニック博士のForgiveness and Jesusという本について、忘れないうちに書いておきたいと思います。300ページもある本なので、正直まだ全然読み始めたばっかりですが、Tさんに教えてもらったp80…

内側を赦すための唯一の方法

先日の胸部CTの診断結果が届きました。肺転移と見られる所見は無いとのこと。。。って、あれは肺を調べるためのCTだったのか。病院が何を意図してるかよく分からないまま検査を受けてるトベです。 身近な動揺ネタは尽きないのですが、反面、自分自身について…

テキストは31章あるので

トベのささやかな趣味は、本を読むとき気に入った箇所に付箋を貼ることです。でもって、時間のある時に、その箇所をタイプ(抜粋)してEvernoteとかに放り込んでおき、スマホ等でいつでも読めるようにするのです。 先日、路面凍結で家に篭ってた週末に、ようや…

聖霊の声を聞くということ(2)

ワプニック博士の聖霊の話(Rules for Decisionから)の続きです。ビギナーが間違えやすい、自分の声と聖霊の声との違いを識別することについて、丁寧な解説がいくつかあります。まず、誰もが(ヘレンでさえも)やるような「具体的なものごとの指導を聖霊に求め…

聖霊の声を聞くということ(1)

正直、ゲイリー本を読んでもよく分からない「聖霊の声を聞く」ということについて、ワプニック博士の解説が ビギナー向けで一番分かりやすいと思うトベです。先日と同じRules for Decisionのメモから、聖霊の声に関する部分を並べ替えてみたら 興味深いこと…

この宇宙は夢なんだ&医療の話

大晦日に、病院から一通の手紙が届きました。先日の造影CTの検査結果です。もう手遅れですとか書いてあったらどうしようとビビりながら封をあけてみたら意外にも、「検査結果は良好です。予定通りの手術で摘出可能と思われます」。。。とのこと。これって、…

ワプニック博士に励まされたこと

先日、ゲイリー本にあった赦しの3ステップをまとめてみましたが、やっぱり一番難しいのはステップ1だと思います。とりわけ、ステップ1前半の「エゴに気づく」に比べて、後半「エゴ思考をやめる」のほうは段違いに難しいと思います。もちろん雑念レベルのエゴ…

赦しの3ステップまとめ

12/24。 赦しってどういうプロセスを経て行うのか、ビギナーとしては迷うところです。テキストに全部書いてあると言えばそうだけど、シンプルな「赦しの手順」的な要約って意外とありそうで無いよなーと思ってました。ちなみに「愛は誰も忘れていない」p47に…

奇跡講座 テキスト読了

そういえば、ちょっと前に「奇跡講座 上巻テキスト」を読み終わりました。トベみたいな奴が急いで読んでも消化不良起こすだけなので、半年くらいかけてチビチビ読んでました。やっぱりトベには、昔読んだ「奇跡のコース」よりも今回読んだ「奇跡講座」の方が…

ゲイリー本の4作目はJesus & Buddha

先日、ゲイリー・レナードの4冊目の本「The Lifetimes When Jesus and Buddha Knew Each Other」が出版されました。邦訳を待つかどうか悩みましたが、イエスとブッダが共にすごした過去生がテーマということでちょっと興味があり、Kindle版を入手。 ゲイリー…

Workbook レッスン73

レッスン73 私は光が現れることを意志する。 Lesson 73. I will there be light. 今日から、実家に持ってきた「奇跡講座 下巻(普及版)」を使って演習をやります。実はこれを注文した時は、まさかこんな急に実家に移るとは夢にも思っておらず、「しまった、下…

アメリカのACIM、多様な解釈

本場アメリカのACIM事情について、ちょっと考えさせられる事があったのでメモです。発端は、iPhone用のACIMアプリがいろいろ出てる事に気づいた事でした。 ちなみにトベが英語版ワークブックを調べるときに使ってるACIMアプリはAndrew Smith氏の渋い硬派なア…

シンディ本読んでみました(2)

シンディ本 "A Course in Health and Well-Being" の話の続きです。トベ的にちょっと印象的だった箇所のひとつが「気分」に注目するというものでした。(以下の抜粋はトベの下手な意訳でごめんなさい) Kindle版 No.859より(順不同): 『どんな瞬間にでも、あ…

シンディ本読んでみました

ゲイリー本3冊目「愛は誰も忘れない」に彼の再婚の経緯が綴られていましたが、読んだ人はシンディが誰なのかをご存じと思います。そのシンディが先日(7月ごろ)、"A Course in Health and Well-Being"という処女作を出版しました。(タイトル直訳は「健康と幸…

奇跡講座 上巻 (普及版) キター

中央アート出版社から2017年6月(つい先日ですね)に発売になったばかりの「奇跡講座 上巻 テキスト(普及版)」が届きました! 普及版とは何ぞや?と思っていたら、こちらA5サイズのソフトカバー版になってまして、想像以上に携帯性に優れてて驚きました。なん…

教科書はゲイリーの本

ACIMやってますと言っても、正直言って日本語版の「奇跡のコース(ナチュラルスピリット版)」は眠くなるのを我慢しながら何カ月かかけて読み切ったというのが真相です。だって日本語なのに難しくてなかなか内容が理解できなかったんだもん。。。 (追記:2011…